top of page
  • 執筆者の写真洋子 小峯

第165号 話題の 新NISA 積立の設定をしました!

年明けから、日経平均株価が急ピッチで上昇しています。


世界中が「日本は変わる?デフレ脱却か?」

と思ってくれているのか?

投資マネーが流れ込んでいる などと

いった報道が続いています。


そこにきて、2024年1月1日からいよいよスタートした

「新NISA」

皆さんも自分事として興味がある

話題ではないでしょうか。


通常のニュースだけでなく

ワイドショーやバラエティー番組

書店に行けばNISA特集の雑誌や書籍の山。

皆さんの耳に、目に かなりの確率で

情報が届いていると思います。


投資をここまで身近に感じられるようになったのは

隔世の感があり、日本人にとっても資産形成が

「当たり前」になっていくのかなという予感がしています。

 

さて、新NISA口座の開設はしたけれど

なにから始めたらいいのやら?

という方もいらっしゃるかもしれません。

そんなとき

「オルカン」でいいでしょ。

良く聞くようになった言葉です。


今年の流行語大賞になるのではないかと思うほど

飛躍的に大衆化した言葉な気がします。

オール・カントリー の 短縮でオルカン。

オール・カントリーと名前に付く投資信託は、複数あるのですが

特に 「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を

オルカンと呼んでいるようです。


資産を管理してもらうからには、

手数料がかかるのですが

オルカンの手数料「信託報酬率」は 

純資産総額に対して0.05775%

超絶ありがたいほど低いです。

 

世界中の様々な国々の株式に

分散して資金を投じていくというコンセプト

人間は進歩するし、世界は発展していく!

そう考えられるなら、投資できる商品です。

理解しやすくて、無難ですよね。


どか~ん!と儲かるわけではないけれど

どか~ん!と損することは考えにくい

「インデックスファンド」で

投資初心者に大人気の商品です。

 

私も、この「オルカン」を

つみたて投資枠で買付する注文を入れました。

ただ、いわゆるオルカンでいいのか?

というのは考えました!

同様のコンセプトのインデックスファンドは

他にもあるからです。

「大きいものに付けば安心」

というのも一理あるでしょうけれど

そういうの、私はちょっとひねくれているので(笑)

「楽天・オールカントリー株式」にしました。


私がNISA口座を開いているのが楽天証券で

投資信託のTOPページを開くと👇 このような画面

楽天証券 投資信託top画面 2024年1月19日時点


楽天証券の思うつぼ?!(笑)

投信残高プログラムとは対象投資信託の保有残高に応じて

ポイントが進呈されるというものです。

・・・そんなオマケに魅かれて買うの?・・・

いやいや、投資先の中身もちゃんと確認しました!で、OK!

あとは、継続していくのみ!です。


皆さんの「選択」もお聞かせください!

友達同士で気軽に「どれにした?」

って、話題で盛り上がる時代になるのかな。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小峯洋子


コメント


bottom of page