• 洋子 小峯

第93号 大きな買い物こそ早めの対策!大幅値上げがやってくる。

日々の食品や日用品 高くなったな~と実感されている方は

多いのではないでしょうか。

さらに値上げラッシュ

10月から値上げされる品目は年内最大数だそうです。


じりじりと家計防衛の危機を感じます。


そんな中目に飛び込んできたのは

「パナソニック 家電値上げ 2~33%の文字

パナソニック:8月22日リリース記事

https://panasonic.jp/info/notice20220720.html


値上げ割合が大きい!

元の値段が高いものなので

金額にするとかなり大きい💸。


*価格コム調査より* 具体例をいくつかご紹介



ドライヤー

ナノケア (高性能な人気製品だそうです。)

(新モデル) 38,610円←昨年なら新モデルは 32,620円が売り出し価格

最上位新モデルの価格イメージ

3万円位⇒4万円弱の感覚💦 ダイソン並💦


冷蔵庫

容量500リットル のモデル

19万 ⇒ 20万8,800円



パナソニックではないですが

洗濯機

日立 ビッグドラム 容量の大きな上位機種

ドラム洗濯機

35万円 ⇒ 43万7,800円


パナソニックさんはもともと高機能でお高いから・・・ 台湾や中国メーカーの家電なら安いでしょ

価格を比較するなら確かにお安いかもしれませんが

以前の価格をイメージして買いに行くと

びっくり価格になっている可能性が高いです。


✅原材料価格上昇

✅部品価格上昇

✅燃料価格が上昇

✅どの通貨に対しても円安 ぎみ


海外製品がお安くなる条件は見当たりません。



大きな金額の買い物といえば自動車🚙も。


私の住む地域では、生活必需品と言ってもいい自家用車。

国内新車価格の値上げ、中古車も不足気味で高値になっていると聞きます。

我が家の車も走行距離10万キロ超えてきて💦

これは困った。。と思っているところです。


家電に話を戻すと

冷蔵庫や洗濯機:まだ動いているし、使えるし と思っていても

急に壊れるのが家電。



長年使っていて

そろそろ買い替え時の白物家電は

従来品の在庫が値上がりしていないうちに

買い替えたほうがお得かもしれません。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


はっぴーまねープランニング

小峯洋子