• 洋子 小峯

第85号 「お試し購入しただけなのに…」販売業者に規制強化!

更新日:7月8日

私の体験談 「お試し100円」で申し込み

最低4か月定期購入の小さな文字に気付かなかった件

恥ずかしながら[第40号お試しに注意](読む⇒)

で暴露させていただきました


このとき私は

契約画面をスクショしていて

後で見直すことができました。


見直した結果、我ながら

「ちゃんと読んでいないんだな~」と

実感しました。

定期購入のことは書いてありました。

気付かれないように、小さく・・・というほどでもないけれど

目立つような表現ではない という表記状況でした。

ですから、この件については

私自身、取り消しのできない契約として受け入れました。





しかし!

こういったトラブルが多すぎたようで

規制強化対象になりました!



“本年6月1日に、「詐欺的な定期購入商法」の規制が強化された改正特定商取引法が施行され、販売業者等は、取引における基本的な事項を最終確認画面等で明確に表示することが義務付けられました。また、販売業者等の誤認させるような表示等により、誤認して申込みをした消費者は、申込みの意思表示を取り消すことができるようになりました。”出所:独立行政法人国民生活センター [2022年6月9日:公表]

内容の詳細は↓リンクから

https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20220609_1.html


この改正内容なら 私のとっておいたスクショは「誤認させるような表示」として

取り消しの証拠になり得たかもしれません。



ちなみに[2019年12月19日:公表]の記事では

同様の相談事例をとりあげ、注意喚起と188📞への相談を促す内容でした。

https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20191219_1.html



今回のような改正がなされたことを知らず

さらに以前の情報を下手に知っていることが仇となり、

自己判断であきらめてしまうことも起きかねません。


やはり、最新情報は専門の組織にまず一報してみることが

大事なのだと感じました!


消費生活センター 全国統一相談窓口は


局番無しの「📞188(いやや)」です。




みなさんも悔しい思いをしないように!

一緒に賢い消費者になりましょう。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


はっぴーまねープランニング

小峯洋子